書評

【感想】『自分を変える習慣力』を読んで良い習慣を身につけよう

 

『自分を変える習慣力』~コーチングのプロが教える、潜在意識を味方につける方法~の紹介です。

良い習慣を身につける方法について書かれています。あなたも良い習慣をみにつけて、自分の潜在能力を引き出しましょう!

 

ビフォー(以前の自分)・この本を読んだきっかけ

私は早起きがかなり苦手です。頑張って早起きしようと思うのですが、いつも続きません。朝の時間がなくなって、いつもバタバタしがちです。今度こそは、早起きをする習慣を身につけたいと思いこの本を読みました。

 

ちなみに早起きだけの本ではありません。(笑)

早起きだけでない、良い習慣を身につけるための本です

 

気付き

1つの良い習慣が身につくと悪い習慣を改め、他の良い習慣も連鎖的に身についていきます。例えば早起きの習慣が身につけば、朝に暇ができるので運動や読書をする習慣が身につきます。その結果、健康に気を付けるようなって禁煙したり、飲み会を控えたりする良い習慣がだんだん身についていくといった素晴らしい効果があります。

 

習慣には3つの効果があります。

成果を出す効果

例として、エレベーターの代わりに階段を使う習慣を身につけることで体脂肪率が下がる、良いコミュニケーションの習慣を身につけることで仕事が円滑に進むなどです。

コンディションを整える効果

良い食事、良い心の習慣はストレス軽減にもつながります。

脳力を上げる効果

新しい習慣を身につけるという挑戦をすることで、ニューロンが新しく強い形で結びつくので、知力、洞察力、判断力など脳が関連する力が向上します。

 

習慣を身につける時はあれこれ手を出さないことが重要で1つの習慣を身につけることだけ集中するようにしましょう

目標を高くすると続かないので、頑張りすぎず、とりあえず継続することが大切です。

 

早起きの習慣は数ある習慣の中でも王様クラスであると本書で述べられていました

早朝の1時間は日中の2時間の価値があるそうです。夜型だった自分と決別し、朝型に切り替えるしかないなと思いました。

 

TO DO(すべきこと)

この本を読んで、早起きの習慣を身につける準備はばっちりだと思いました。

すでに半年くらい、筋トレや読書することが継続できているからです。ほぼ習慣化できているといっても良いと思います。

次は早起きの習慣を身につける番です。

 

早起きの良い効果についてもしっかり理解しました。

早く起きるために、まず早く寝ること。

寝る前になんとなくケータイを見たりといった無駄を減らす。

朝少し早く起きてまだ寝たいと思っても二度寝せずに早く起きる。

これくらいから始めていきたいと思います。

(すでに始めており、少しずつ達成できているので継続していきたいです)

 

最後に

自分と同じで早起きができない人にはぜひ読んでいただきたいなと思いました。

これを読んで一緒に早起きを頑張りましょう!

早起きじゃなくても、今まで良い習慣を身につけたいと思ったけど挫折した方や、これから良い習慣を身につけて自分を変えたい方におすすめの本です。

『自分を変える習慣力』~コーチングのプロが教える、潜在意識を味方につける方法~

 

関連記事:【すぐできる!】早起きのコツ3選

関連記事:【感想】『科学的に正しい筋トレ』で効率的な筋トレを!

-書評

© 2021 KENCHANBLOG