書評

【レビュー】『世界一美味しい手抜きごはん』は神の料理本!!

今回は趣向を変えて料理本を紹介します。

今回紹介する本は「はらぺこグリズリー」さんの著書『世界一美味しい手抜きごはん』(https://amzn.to/37rvcRF)です。

『世界一美味しい手抜きごはん』のレビュー

みなさんは「はらぺこグリズリー」さんをご存知ですか?

自身の料理ブログで調理にかかる時間が短くて、とても美味しい料理のレシピを公開されている方です。僕は煮卵の作り方をネットで調べたときに初めて知りました。

参考:はらぺこグリズリーの料理ブログ

煮卵の作り方のページを見ると、誰にでも再現可能なやり方とあります。ほとんど料理をしない僕なので、本当に誰でもできるのかよと思いつつ実際に試してみたところ、卵はめちゃくちゃ良いゆで加減。味もめんつゆだけでとても簡単なのですが、中まで味が染みていてマジで美味かったのです!

そんな「はらぺこグリズリー」さんが『世界一美味しい手抜きごはん』という本を出版されたということは知っていましたが、今まで買うことはなく過ごしていました。(ごめんなさい)

しかしそんなある日Kindle Unlimitedの読み放題に登録されていることに気が付きました。

「これはすぐ読まねば」と思い速攻でダウンロードして読んでみました。すぐできるようなおつまみレベルから本格的な料理、はてはデザートまで多様なレシピが100個+α掲載されています。もちろん世界で1番美味しい煮卵の作り方も載ってます。

※2020年12月現在はKindle Unlimitedの読み放題から外れているようです。

 

『世界一美味しい手抜きごはん』を読んで、早速料理してみた

早速食べたいなと思った手羽元のさっぱり煮を作ってみました。調味料と手羽元を一緒に入れて煮るだけと簡単なのに驚異の美味しさです。

それだけではありません。同じページに残った煮汁でつけ麺のつけ汁ができると書いているではありませんか。残った煮汁にチューブのニンニクとごま油、顆粒だしを加えるだけとこれもめちゃ簡単なので試してみようと思いました。次の日に作ってみるとこれまた美味い!「はらぺこグリズリー」さんに感謝です。

このように随所におまけのレシピが載っているのも嬉しいポイントです。

 

『世界一美味しい手抜きごはん』には他にも気になるレシピが

他にも作ってみたいものとして「世界で1番簡単に作れる おつまみ角煮」「常連になりたくなる飲み屋の味!絶品塩から揚げ」「濃厚!明太バター醤油クリームうどん」「まろやかな旨みがたっぷり染み込んだ 肉豆腐」などなど。

どれも作り方は1ページにおさまるほど簡単で、眺めているだけで試してみたくなる料理ばかりです!

 

『世界一美味しい手抜きごはん』は神の料理本!!

『世界一美味しい手抜きごはん』(https://amzn.to/37rvcRF)ぜひ読んでみてください。

料理が苦手な人でもわかりやすいように、作り方が写真入りで解説されているので誰でも簡単に作れます。見ているだけで作って食べてみたくなる、そんなレシピが満載です!

オールカラーの本なのでモノクロのKindle Paperwhiteで読むよりは、カラーで読める端末(PCやスマホ)で読むほうが良いなと思いました。

関連記事:一生使えるダイエット法『筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方』

関連記事:【感想】『科学的に正しい筋トレ』で効率的な筋トレを!

-書評

© 2021 KENCHANBLOG