書評

【要約と感想】『神メンタル』で人に振り回されない心を手に入れよう

2月 16, 2020

こんにちは、KENCHANです。

今回は『神メンタル』(https://amzn.to/2USrf3D)の紹介です。

著者は星渉(ほしわたる)さんです。

企業家のためのビジネスコンサルティングをされており、「好きな時に、好きな場所で、好きなシゴトをする個人を創る」を目的として活動されています。

 

世の中には、頑張っても成果が出ない人と、何をやっても簡単に成功する人がいます。

成功できる人が持っているのは「強い心」です。

『神メンタル』では、強い心を科学的に作る方法を知ることができます。

いつも悩んで不安がある人人の目が気になって自分の人生を送れていない人におすすめの一冊です。

 

『神メンタル』の要約

さっそくですが、『神メンタル』を要約して紹介します。

 

思い通りに生きる公式の存在

『思い通りに生きる公式』

現実(未来)= ①目的地 × ②手段 × ③メンタル

 

①目的地

目的地、すなわち目標を正しく設定することができれば、手段は後からついてきます。

しかし、ほとんどの人が目標設定を間違えているのです。

間違っているパターンは2通り。

  • 目的地が明確でない
  • 設定した目的地を忘れている

 

目的地が明確でない

例えば、「お金持ちになりたい」という目標では、数値があいまいです。

これでは効果的な目標の設定とは言えません。

「1年後に年収100万円アップ」とか「5年後に1000万貯める」など、具体的にどれくらいの期間で、どのくらい欲しいのか目標を明確にするべきです

 

設定した目的地を忘れている

あるときに目標を立てたけど、いつの間にか忘れてしまっているなんてこともよくあると思います。

これではいつまでたっても目標を達成することはできません。

「わたしには目標ならある」と言う人もいるかもですが、今すぐに目標を答えられる人は少ないのではないでしょうか。

自分の目的地を忘れないように、常に自分の頭にインプットしておくことが必要です。

 

②手段

「手段が分からないから行動できない」という人がよくいます。

しかし、方法がわからないのは大した問題ではありません。

正しい目標が設定できて、メンタルが強ければ自動的に手段は見つかるからです。

 

③メンタル

メンタルとは「心」のことです。

どうしたら心を強くできるのでしょうか?

心を強くする方法、それは自己評価を高めることです。

 

自己評価が高い人は、自分に自信があるので、正しい目的地が設定できたときに、そこにたどり着く方法をすぐに実践することができます。

逆に自己評価が低い人は、自分にはできるわけがないと思ってしまい、たとえ方法が分かっていでも行動することができないのです。

 

一定の成功をおさめた人は、新たな目的地を設定することが大切。

そうでないと、その場所に居続けてしまうことになるからです。

いつも成功し続けることができる人は、自己評価を更新し続けています。

 

変化を嫌がる人間の機能を科学的に攻略する

自分を変える方法をいくら学んでも自分を変えることはできません。

自分を変える方法とは、自分を変えるために邪魔になっているものは何かを知ることです。

 

人間の脳は変化を嫌います。

これを心理学的ホメオスタシスとよびます。

原始から人間の脳は自分が生存するために働いています。

そのため、何か新しいことを始めようとすると、「危険なことをするな」と脳がストップをかけるのです。

 

これを知っておくと、何かを始めようとして不安や寂しさを感じることがあっても、「これは自分の脳の働きなんだ」と理解できますよね。

すると、自分をセーブせずに、どんどん行動できるようになるのです。

 

あなたは、現在の自己評価に合った情報だけを無意識に取り入れています。

だから、何か達成したいことがあっても自己評価がその目標にマッチしていなければ、なかなか方法を見つけることができないのです。

 

最強の行動力を手に入れて心を強くする

自己評価を高める前に、明確な目的地の設定が必要です。

まずは5年後、3年後、1年後、半年後の目標を設定します。

 

かならず完了形で書く

「○○したい」「○○だったら良いな」と書くのではなく、「○○できた」「○○した」と完了形で書きましょう。

こうすると達成した後の姿を思い描くことができるので、自己評価が高くなります。

 

かならず測定可能な形で書く

例えば、「読書をする」ではなく、「毎日30分読書をする」という書き方にします。

このように書けば、今どのくらいまで到達できているか分かるというメリットがあります

 

制限をかけずに書く

今の自分には手段が分からないとか、時間がないとか、そういった問題はひとまず置いといて、制限をかけずに書くことが大切です。

とにかく書いてみましょう。

 

やる理由を書くと、行動力がアップします。

なぜ自分がその目的を実現したいのかがはっきりしていないと、成功するまで行動を続けることが困難です。

あなたがなぜそれを達成したいのかという理由が行動を続ける原動力になります。

 

人間が得ている情報量のほとんどは視覚からです。

これを利用した方法に、自分が理想とする画像を毎日見るというものがあります。

 

やり方は簡単です。

まずgoogleの画像検索で自分が理想とする写真を最低でも30枚以上探して保存します。

そしてスマートフォンやPCにフォルダにまとめて、毎日見るだけです。

何回もこれらの画像を見ることで、脳が重要な情報だと判断します。

つまり目標を常に忘れないようにすることができるのです。

 

未来の自分を生きると現実が追いついてくる

今のあなたの自己評価を知るために、あなたがどんな人か、10分で最低50個以上書いてみましょう。

 

それが、今の自分の自己評価です。

何かを達成しようと思ったら、自己評価を未来の自分に合わせたものにしなければなりません。

自己評価を未来の自分に合わせることで、話す言葉・ふるまい・得る情報・付き合う人が自然と変わり、今の自分が未来の自分に追いついてきます。

 

アファメーションで正しく心を鍛える

自分の思い込みが変えることができると、現実も変えることができます。

思い込みを変える方法の1つがアファメーションです。

 

アファメーションとは肯定的な言葉で宣言すること。

自分に「自分はこれを実現した」「自分はこんな人間です」と宣言することで、現実を変えるんだという感情が生まれます。

すると、現実を変える行動を自動的に行うことができるのです。

 

理想的なアファメーションのやり方は次の通りです。

  1. 実現したイメージを思い浮かべる
  2. 紙にアファメーションを書き出す
  3. 鏡の前に立って、自分の目を見て宣言する
  4. 毎日繰り返す

次の5つの言葉は人生の中から消してしまいましょう。

「でも」「だって」「わからない」「難しい」「できない」

これらの言葉を使うと、問題の解決ができなくなるし、チャンスをものにできなくなります。

 

「神メンタル」で感情をコントロールする

自分のできることを増やせば、自分を好きになれます。

自分を好きになれれば、自分を知ることができます。

そして、自分を愛することができ、自分の未来を描けるようになれます。

 

自分がこうありたいという未来を創造できれば、自信を持って現実を変える行動をすることが可能です。

 

「神メンタル」を持っている人は、たとえ悪いことが起きても、反射的にそれが良いことだととらえられます。

「ラッキー」「ありがとう」「ツイてる」を口癖にしてしまうのが、「神メンタル」を手に入れる良い方法です。

これらの言葉がとっさに出てくるようになれば、どんなことが起きても、それをチャンスに変えることができます。

 

幸せになる権利は誰にも奪えない

どんなに良いだと思っても、人はそれを忘れてしまいます。

それを防ぐためには、忘れないうちに、行動を起こすことが大切です。

 

使わない知識を増やすのは意味がありません。

使いこなせる知識を身につけるのが大切です。

知識は人に教えると記憶にも残りやすいし、理解も深まります。

 

お金だけを追い求めても幸せには限りがあります。

自分だけの幸せを求めることが重要です。

他人から押し付けられるのではなく、自分の基準で幸せを達成しましょう。

 

『神メンタル』の感想

成功するためには、正しい目標を定めるのが大切です。

こうすることで、途中で挫折することなく、楽しんで目標達成することができます。

目標を設定する方法については、以前紹介した非常識な成功法則にも書かれているので、詳しく知りたい人におすすめです。

 

関連記事【要約と感想】『非常識な成功法則』は怪しいのか?も読んでみて下さい。

 

さらに、本書ではメンタルの強さの重要性についても語られています。

メンタルが強くなければ、正しい目標設定ができていても行動に移すことができないからです。

自分に自信が持てなくて現在の状況から動けない人もよくいると思います。

そんな状態におちいってしまっている人は、本書で書かれているように自己評価を高めることが大切です。

 

自己評価を高めるには自分を肯定できるようにならないといけません。

そのためには、自分にできることを増やしていく。つまり、目に見える成果を積み上げていくしかないと考えます。

少しでも良いから行動し、日々少しずつ成長することで、自分の将来に希望が見えるようになります。

 

口にしたり、考えたりする言葉についても考えさせられました。

「でも」「だって」「わからない」「難しい」「できない」という言葉は使わず、

「ラッキー」「ありがとう」「ツイてる」と言う言葉を使って、何事もポジティブにいきたいと思います。

 

今回紹介した本は星渉さんの『神メンタル』(https://amzn.to/2USrf3D

 

星渉さんの他の著書

関連記事:人の心を動かす3つの条件【すぐに使えます】

-書評

Copyright© KENCHANBLOG , 2020 All Rights Reserved.