その他

人の心を動かす3つの条件【すぐに使えます】

人の心を動かすことができれば、自分の周りの人間関係を良くすることができます。

今回は人の心を動かす3つの条件を紹介します。

この条件を守れば、職場や家族、恋人における関係性を良い状態に保つことができます。

ぜひ読んでみて下さい。

 

人の心を動かす条件は次の通りです。

  • 自分の日常の行いを変える
  • 相手に安心感を与える
  • 相手の自己重要感を満たす

 

さっそくですが、詳細を説明していきたいと思います。

 

人の心を動かすために、まず自分の日常の行いを変える

人の心を動かすには、相手と会話しなければ始まりません。

相手に「この人になら話しても良いな」と思われるような態度を日ごろから心掛けることが大切です。

「いやいや人と話すときのテクニックの方が重要でしょ」と思われる人もいるかもしれません。

 

しかし、いくらテクニックがあったとしても日常の態度が話をするに値しなければ、相手は話をしてくれないですよね。

例えば、人によって態度をころころ変えていたり、約束を破ったりするするような人に自分の話をしようと思うでしょうか?

少なくとも僕は話をしようとはおもいません。みなさんもそう思いますよね。

 

相手が「この人になら言える」「この人の言うことなら聞ける」と思うような振る舞いをすることが大切です。

 

言うことを聞いてもらえる態度とは?

相手に話をしてもらい、自分のいうことを聞いてもらうにはどうすれば良いでしょうか?

「なんだか難しそう」と思われる人もいると思いますが、何も難しいことはありません。

 

例えば下のようなことに気を付けると良いです。

  • 誰に対しても同じ態度で臨む。下の立場の人にも大柄な態度はとらない。
  • 連絡にはすぐ返事をする。
  • 約束の時間には必ず間に合わせる。
  • 話をさえぎらない、最後まで聞く。

 

どうでしょうか?一般的なことというか、難しいことではありませんよね。

このような何気ない日常の行いをしっかり気を付けることで、人からの信頼を得ることができます。

そうして初めて相手に話をしてもらえるし、自分の意見も通りやすくなります。

 

人の心を動かすために、相手に安心感を与える

相手に安心感を与えるとはどういうことでしょうか。

人の欲求には5つの段階があるとされています。これを「マズローの欲求5段階説」と呼びます。

 

安心感を相手に与えるということは、5段階欲求でいうところの「安全の欲求」と「所属と愛の欲求」を満たしてあげることと言い換えることができます。

 

安全の欲求を満たしてあげる

「安全の欲求」とは心の安全を求めることです。(身の安全も含まれています)

相手の「安全の欲求」を満たしてあげるには、自分は危険ではないと伝えることが大切。

どういうことかというと、人を動かすという点においては、相手を否定しないことです。

 

例えば相手から「○○したいんだけど、どうかな?」と言われたときに、「それは○○だからダメだよ」といきなり否定したらどうでしょうか。

相手は傷つきますし、「もうあの人とは話をしたくない」と思います。つまり、「安全の欲求」が全く満たされていない状態です。

これでは、人を動かす会話をすることはできません。

 

たとえ明らかに間違っている場合でも、相手を否定せず、いったん受け入れることから始めましょう。

相手の意見について「わたしは理解していますよ」と伝えることが大切です。そうすると、相手は「自分の話を聞いてくれた」と安心するのです。

 

所属と愛の欲求を満たしてあげる

「所属と愛の欲求」とは安心できる人や組織とつながりたいという欲求です。

相手の「所属と愛の欲求」を満たしてあげるには、「あなたは仲間なんだよ」と伝えてあげることが大切。

 

これには2つの方法があります。

好意を言葉で伝える方法と笑顔で接する方法です。

 

好意を言葉で伝えれば、相手は「自分はこの人とつながっているんだ」と思います。

すると相手は安心し、この人の言うことなら聞いてあげようと考えます。

しかし、もともと相手から嫌われていたり、信用できないと思われていれば効果はありません。

「人の心を動かすには、まず自分の日常の行いを変える」で言ったように、まずは相手と会話できる態度を整えておくことが重要です。

 

「君は仲間なんだよ」と伝えるために、相手に笑顔で接することも大切です。

会話の時に笑顔がない人と、笑顔がある人。どっちが相手に安心感を与えるかは考えなくても分かると思います。

人は見た目から得る情報がほとんどです。

笑顔1つとっても相手に与える印象は変わります。

 

相手の「所属と愛の欲求」を満たし、安心してもらうためにはいつも笑顔で応じ、仲間なんだと伝えることが大切です。

 

人の心を動かすために、相手の自己重要感を満たす

相手の自己重要感を満たすとはどういうことでしょうか。

先ほどの「マズローの5段階欲求説」における「承認の欲求」を満たしてあげることです。

「承認の欲求」とは他人から認められたいという欲求のこと。

つまり、自分が重要な存在であると認められたい、自己重要感を感じたいという欲求です。

 

自己重要感を満たすためには相手をほめる

相手の自己重要感を満たすために1番手っ取り早いのは、「相手をほめる」ことです

ほめられて悪い気がする人は少ないですよね。

人からほめられてうれしいのは、自分が重要な存在だと認めらていると感じるからです。

 

相手をほめることで、相手の自己重要感を満たすことができ、「この人の言うことなら聞こう」と思ってもらうことができます。

とはいえ「間違っていることをしてもほめるのが良いの?」と思われるかもしれません。

間違いを正しく訂正することも大切なのですが、その場合でもほめることを忘れずに。

 

まずは、ほめられる部分はほめておいて、それから誤りについてアドバイスし、再びほめてしめます。

こうすると、相手の自己重要感を損なうことなく、間違いを正しい方向に導いていくこともできるのです。

 

人の心を動かす3つの条件【まとめ】

今回は人を動かす条件として、以下の3つを紹介しました。

  • 自分の日常の行いを変える
  • 相手に安心感を与える
  • 相手の自己重要感を満たす

 

これらのことが実行できると、職場の相手や家族との関係がより良くなっていくでしょう。

そして自分の言うことも聞き入れてもらいやすくなります。

ぜひ試してみて下さいね。

 

参考書籍:神トーーク 「伝え方しだい」で人生は思い通り(https://amzn.to/2HMHzv3

関連記事:【要約と感想】『神メンタル』で人に振り回されない心を手に入れよう

関連記事:安心感を与える5つの方法【知って得する】

-その他

Copyright© KENCHANBLOG , 2020 All Rights Reserved.