あなたの不安を解消します

KENCHANBLOG

知って得する油の話

EPAとは?【DHAとの違いも】

投稿日:

「EPAは魚の油に含まれている。健康に良いと聞いたことがあるけど、そもそもEPAって何ですか?

DHAとかオメガ3とか聞くけどどう違うの?」

そういった疑問にお答えします。

 

EPAとは?

まず言葉の説明からします。

脂肪酸は下の図をように分類されます。

スポンサーリンク

 

EPAとは魚の脂などに含まれる脂肪酸の1種です。

EPAとは略称で、正式にはエイコサペンタエン酸といいます。

 

普段僕たちが食べている脂肪分は中性脂肪(トリグリセリド)の形で食べ物に含まれています。

中性脂肪はグリセリンに脂肪酸が3個くっついた形をしています。

中性脂肪は主に膵臓の消化酵素で脂肪酸に分解されて人の体内に吸収されます。

 

脂肪酸の分類

脂肪酸はその分子の形によって不飽和脂肪酸飽和脂肪酸に分類されます。

不飽和脂肪酸は分子の中に不飽和結合を含む脂肪酸のことです。飽和脂肪酸よりも固まりにくく、酸化されやすい性質を持っています。

一方で飽和脂肪酸は、不飽和結合を含まない脂肪酸です。肉・バター・ラードなどに多く含まれ、動物性脂肪と呼ぶこともあります。

固まりやすいので室温では固体になっているものが多いです。

 

飽和脂肪酸は体に悪いと思っている人も多いと思います。確かに心筋梗塞や狭心症などの心血管疾患のリスクになるという報告もありますが、関係ないという報告があったり、摂取する量が少ないと脳卒中のリスクが上がったという報告もあったりします。

僕はそれほど恐れる必要はないと考えています。飽和脂肪酸を摂るのを恐れて肉を食べなくなると、たんぱく質が不足することもあるからです。脂肪分の多い肉をめちゃくちゃ食べる人や心血管疾患を起こしたことがある人は注意かもしれませんが、そうでなければ普通に食べる量なら大丈夫なのではないでしょうか。

 

不飽和脂肪酸の分類

不飽和脂肪酸はオメガ3オメガ6などに分類されます。

」とか「」とかいう数字は分子の不飽和結合の位置を示しています。例えばオメガ3なら、分子のしっぽから3番目の炭素に不飽和結合があるという具合です。

また、オメガ3はω-3と書いたり、n-3と言ったりもしますが同じことです。

 

オメガ3の分類

オメガ3はα-リノレン酸と体内でそれから作られるEPADHAなどの脂肪酸に分類されます。

α-リノレン酸は体内で作ることができないので必須脂肪酸と呼ばれています。α-リノレン酸が十分あればEPAやDHAは摂取しなくても良いのですが、多量に摂取することは難しいのでEPA、DHAも摂っていくことが重要です。そういった意味でEPA、DHAは広い意味で必須脂肪酸に含まれることもあります。

オメガ6は大豆油、ごま油、コーン油などの植物油に多く含まれる脂肪酸です。そして現代ではオメガ6の摂り過ぎが問題になっています

オメガ3は異常な炎症や免疫にブレーキをかける働き、オメガ6は逆にアクセルの働きを持っています。

体内の炎症は両者の比率に影響されることが分かっており、オメガ3:オメガ6の適切なバランスは1:2程と言われていますが、現代の子どもたちでは1:7になっているという報告もありますかなりオメガ6に偏っているため植物油を控え、魚などからオメガ3も十分に摂取することが大切で

 

EPAとDHAはどう違うのか?

EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)は同じオメガ3の脂肪酸に分類されます。

どちらも魚の脂に多い成分です。サバ・サケ・イワシ・マグロなどの油分の多い魚に多く含まれています。

まず構造の違いとして、DHAの方が分子が大きく、不飽和結合の数が多いです。

 

働き方にも違いがあります。

EPAは免疫や炎症の異常な亢進を抑える働きがあるとされています高脂血症を抑えたり、血液をサラサラにする作用があることも分かっています研究がDHAよりも進んでおり、EPA単独やEPA+DHAで医薬品にもなっています。

 

DHAの特徴としては脳に多く存在しているという点が挙げられます。

これは他のオメガ3が血液から脳にほとんど入ることができないからと考えられています。

このことからもDHAは脳の機能に関わっているのではないかと言われており、学習機能や記憶力を向上させたという報告もあるようですが、未だにその働きについては分かっていないことが多いです。

 

まとめ

EPAがどんなものかわかっていただけましたか?

EPAは不飽和脂肪酸のオメガ3に分類される脂肪酸です。オメガ6とは免疫や炎症などの点で逆の作用を持っています。

オメガ6の摂取を控えてオメガ3・EPAを積極的に摂るようにしましょう。

 

EPAの効果についてさらに知りたい人は、「EPA・DHA不足がアレルギーを起こす?【アレルギー性鼻炎】」や「トレーニングにおけるEPAサプリメントのはたらき」の記事もご覧ください。

-知って得する油の話

Copyright© KENCHANBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.