あなたの不安を解消します

KENCHANBLOG

知って得する油の話

トレーニングにおけるEPAサプリメントのはたらき

投稿日:

 

こんにちはKENCHANです。

 

今回の記事はEPAサプリメントがトレーニングに与える影響についてです。

ランニングなどのトレーニングをしたいけれど、体に負担はかけたくないと思っている人に読んでほしい記事です。

 

先に結論から言います。

EPAが含まれる魚油のサプリメントを摂取することで、効果的で安全なトレーニングを行うことができる可能性があります。

 

以下で詳しく紹介します。

EPAが赤血球に与える影響を調べた研究

スポンサーリンク

 

高地トレーニングをおこなったとき、EPAを含む魚油が赤血球に与える影響について研究した論文があります。

 

日本国内の駅伝選手12名を2つのグループに分けました。

1つはEPA1.6gが含まれた魚油のサプリメントを摂取するグループ。

もう1つは比較のためオリーブオイルを摂取するグループです。

両グループは平地でのトレーニングを10週間、その後高地トレーニングを3週間行いました。

魚油、オリーブオイルはトレーニング開始と同時に摂取を始めています

 

高地トレーニングのメリットとデメリット

高地トレーニングは主に持久力を高める目的で行われます。

マラソンや駅伝、水泳など高い持久力が要求されるスポーツ選手でよくこのトレーニングが取り入れられていますよね。

高地トレーニングを行うと体が低酸素状態になります。その結果、より多くの酸素を運ぼうと体が反応して赤血球が増えていきます。

一度増えた赤血球は平地に戻ってもある程度は保たれるので、多くの酸素を体に運べる状態は維持できます。

つまり、持久力の向上が期待できるというわけです。

 

しかし、高地トレーニングには欠点もあります

高地トレーニングにより赤血球が増えることで、血液がドロドロになり、血流が悪くなったり、心臓に負荷がかかったりする可能性があるからです。

 

EPAを摂取すると?

こうした欠点をEPAは解消させてくれるかもしれません。

魚油を摂取したグループでは赤血球の膜に含まれるEPAの量が実験開始時と比べ1.5倍になっていました。

そして高地トレーニングをしたのに、赤血球の数は変わらず、赤血球が変形する能力は増加していました

これは赤血球が柔らかく、動きやすくなって体のすみずみまで酸素を運べるようになり、赤血球の数を増やさなくても高地トレーニングにおける低酸素状態にも耐えられるようになったからだと考えられています。

EPAは高地トレーニングを行う時でも血流を良くして選手の心臓にかかる負担を軽くしたり、血流が悪くなることで起こる全身への悪影響をへらしたりする効果が期待できます。

このようにEPAをトレーニング前から摂取することで、激しいトレーニングでも効果的で安全に行うことができ、結果的に持久力や心肺機能の向上につながる可能性がありま

 

僕の考え

今回紹介した研究は高地トレーニングにおけるものでした。

だからといって一般の人が行うトレーニングやスポーツには関係ないのでしょうか?

僕はそんなことはないと思います。

 

EPAは赤血球を柔らかくし、酸素を運びやすくする効果が期待されています。

決して高度なトレーニングを行うスポーツ選手にだけ必要な栄養素ではありません

積極的にEPAをとることでトレーニングを効果的で安全に行える可能性があるのではないかと僕は考えます

 

「EPAがスポーツをする人に与える効果とは?」の記事も合わせて読んでみてください!

 

参考文献:脂質栄養学 12(1), 75-84, 2003 高地トレーニングにおける赤血球膜機能に及ぼす魚油濃縮物投与の効果

-知って得する油の話

Copyright© KENCHANBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.