知って得する油の話

EPA・DHAと体内時計の関係

投稿日:

スポンサーリンク

 

こんにちはKENCHANです。

オメガ3(EPADHAなど)が体内時計に関係があるという面白い文献を読んだので紹介したいと思います。

 

体内時計とは?

人間の体内時計は1日24時間ほどです。

体内時計というと睡眠を思い浮かべる人も多いと思います。睡眠のことだから脳に関係しているのかなと僕も思っていましたが、それだけではないようです。実は体内時計は脳だけでなく、肝臓や腎臓などの各臓器にも存在しています

脳の視床下部に存在する視交叉上核という部分は「中枢時計」と呼ばれ、光を浴びることでその周期を24時間に合わせるメカニズムを持っています。朝に日光浴をして、体内時計をリセットしましょうと言われるのはこのためです。

また視交叉上核以外の脳の体内時計を「脳時計」、各臓器の体内時計を「末梢時計」と呼びます。

 

3つの体内時計はそれぞれ関連があります

中枢時計と脳時計と末梢時計にはそれぞれ関連があります。

 

日光浴で体内時計が調節される場合。

光を浴びたらまずは中枢時計が調節されます。その影響で脳時計が調節され、最後に末梢時計が調節されます。

下のように中枢時計が脳時計を、脳時計が末梢時計をコントロールしていることがわかります。

光→中枢時計→脳時計→末梢時計

 

食事が刺激となって体内時計が24時間周期に調節されるメカニズムも存在します。

この場合、中枢時計を介さず直接脳時計を介して末梢時計が調節されるそうです。

食事→脳時計→末梢時計

マウスやラットは本来夜行性ですが、エサを昼だけ与えていると、昼間に活動する時間が増えるという研究もあります。

これは人間も同じです。普段食事している時間がくるとお腹が鳴るのは、体内時計が関与しているからです。

こうした食事による体内時計の調節にはインスリンが関わっています。インスリンとは膵臓から分泌されるホルモンで、血液中の糖を細胞に取り込んで血糖値を下げる働きがあります。インスリンの分泌が多いと肝臓の体内時計がリセットされやすいということが分かっています

 

EPA・DHAの効果

オメガ3(n-3系脂肪酸)には魚の油であるEPAやDHAなどがあります。

オメガ3を多く含む魚油はマウスのインスリン分泌を増やし、体内時計を調節する作用があるという報告があります

EPAやDHAを単独で与えた実験もされています。

その結果、単独では効果がなかったのが、DHAとEPAを組み合わせて与えると魚油と同等の効果が得られたそうです

 

サプリメントとして売られているものにはEPA・DHA両方ではなく、片方しか入っていないものも多くありま

体内時計を整える効果を期待するなら、EPA・DHA両方含まれているものをとる方が良さそうですね

 

肝臓の体内時計をリセットすると?

肝臓の体内時計をリセットするとどんな良い影響があるのでしょうか。

体内時計と肥満とは関連があります。

体内時計のリズムが乱れると脂肪が蓄積されやすいです。逆に体内時計が整っていると脂肪がたまりにくく、肥満も予防できます

また、朝に多く食事をとるのと、夕に食事を多くとるのでは、朝に多くとった方がインスリンの分泌も良く、肝臓の体内時計もリセットされやすいそして肥満にもなりにくいという報告もありま

 

肥満に対する魚油の効果

肥満に対する魚油の効果を調べた研究もあります。

魚油を与えたマウスは体重増加や体脂肪蓄積が抑えられました

他にも肝臓でコレステロールや中性脂肪が作られるのを抑える働きがあることも分かっています。

脂肪の多い食事で引き起こされた体内時計のリズムが乱れや炎症反応をDHAが防いだという研究もありま

 

EPA・DHAはいつとれば良いのか?

マウスが魚油を朝に摂取した場合と夕に摂取した場合を比較した研究があります。

両者とも魚油を摂取した量は変わらなかったのに、朝に摂取した方が血液中のEPAやDHAの濃度が高く、肝臓や血液中の中性脂肪の量も少なかったという結果が出ています

この結果から、朝の方がEPA・DHAの吸収が良く、脂質の代謝も高めてくれる効果があると示唆されています。

 

これだけは知ってほしいこと

色々難しいことも書いたので、結論だけ知りたい人はここだけ読んでくださ

お知らせしたいことは以下の3つです。

  • 魚油には体内時計を整え、肥満を抑える効果、コレステロール・中性脂肪を低下させる効果が得られる可能性があります。
  • EPAやDHA単独では体内時計をリセットする効果が得られないので、可能なら魚を食べましょう。サプリメントでとるならEPA、DHA両方が入ったものか、魚油そのものが入ったサプリメントにしましょう。
  • 魚・魚油は朝とりましょう。

 

参考:日薬理誌 151,34~40 (2018) 時間栄養学とn-3系脂肪酸

-知って得する油の話

Copyright© KENCHANBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.